産経ニュース

【主張】都知事の資金問題 不信拭う説明が足りない

ニュース 政治

記事詳細

更新

【主張】
都知事の資金問題 不信拭う説明が足りない

 当初は問題ないと正当化していたが、批判が強まると軌道修正し、反省の言葉を口にした。

 不適切な政治資金の支出についても、発覚後に「精査してから」と繰り返し、説明を先延ばししてきた。

 家族旅行についての記憶が、だれか第三者に聞けばよみがえるとでもいうのだろうか。

 会見で「不徳の致すところであり、心からおわびしたい」と語ったのは当然だとしても、なぜ一連の問題が発覚した時点で、謙虚に反省し、説明を尽くす対応がとれなかったのか。

 舛添氏が事態を深刻化させたと言わざるを得まい。自らの危機管理能力について、強い疑いの目を向けられても仕方がない。

 前任の知事が、医療グループからの資金受領問題で辞任を余儀なくされ、都政の混乱をはさんで舛添氏は登場した。2020年の東京五輪・パラリンピック開催地の責任者でもある。

 都民の生活に責任を負うことはもとより、「政治とカネ」の問題で清廉さが求められていたことを思い出してもらいたい。

「ニュース」のランキング