産経ニュース

【主張】都知事の資金問題 不信拭う説明が足りない

ニュース 政治

記事詳細

更新

【主張】
都知事の資金問題 不信拭う説明が足りない

 舛添要一東京都知事が相次いで指摘された政治資金の不適切な支出について会見で説明し、陳謝した。

 家族との旅行費や私的な飲食費が支出に含まれていることが問題視されていた。

 舛添氏は疑念を招いたとして政治資金収支報告書を訂正し、一部を返金することも表明した。

 だが、説明は多くの疑問を残すもので、説得力に欠けていた。

 知事職にとどまるというが、都民が抱いた不信は拭えていないことを自覚すべきである。

 舛添氏は家族旅行を「会議費」名目にした理由として、千葉県内の宿泊先に事務所関係者らが来て、国政選挙や都知事選の対応を協議したことを挙げた。

 あきれた説明だ。公私混同の疑いを持たれかねないと自身も認めたが、家族旅行の費用を政治資金で賄うため、わざわざ宿泊先を会合場所に選んだとも受け取られかねない。

 しかも、会合の出席者や人数、どれくらいの時間協議したかは説明で判然としなかった。

 この問題に先立ち、舛添氏は高額の海外出張や公用車で他県の別荘に定期的に通っていたことの是非についても指摘されていた。

「ニュース」のランキング