産経ニュース

【オバマ氏広島訪問】安倍首相発言詳報 「犠牲者の思いに応えるもの」「大統領にとって大きな決意」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【オバマ氏広島訪問】
安倍首相発言詳報 「犠牲者の思いに応えるもの」「大統領にとって大きな決意」

オバマ米大統領の広島訪問決定について取材に応じる安倍首相=10日夜、首相官邸 オバマ米大統領の広島訪問決定について取材に応じる安倍首相=10日夜、首相官邸

 安倍晋三首相は10日、オバマ米大統領が主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席後の27日に被爆地の広島を訪問することが決まったことを受け、官邸で記者団の取材に応じ、「被爆地から世界に向けて核兵器のない世界について決意を改めて発信することこそ意義のあることだ」と強調し、自らも同行することを明らかにした。発言の詳細は以下の通り。

 「今月27日、伊勢志摩サミット終了後、オバマ大統領とともに被爆地・広島を訪問することを決定いたしました。オバマ大統領の広島訪問を心から歓迎いたします。70年前の原爆投下によって、たくさんの市井の人々が無残にも犠牲となりました。今回の訪問を、全ての犠牲者を、日米でともに追悼する機会としたいと思います。日本は唯一の戦争被爆国として、二度とこの悲惨な体験を、世界のどんな場所であっても再び繰り返させてはならないと、この思いで、核兵器の廃絶を一貫して訴えて参りました。今回オバマ大統領が広島を訪問し、そして被爆の実相に触れ、その気持ちを、そしてその思いを世界に発信することは、核兵器のない世界へ向けて、大きな力になると信じています。そしてその世界を実現するために、オバマ大統領とともに全力を尽くしていきたいと思います」

 --原爆投下について米国側の謝罪は必要だと思うか

「ニュース」のランキング