産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

 東アジアの緊張に味をしめたフランスが、中国に兵器輸出するシナリオは大いに有り得る。技術盗用に激怒したロシアが、対中輸出の蛇口を絞り出した現状ではなおのことだ。

敵味方に武器輸出するフランスの邪悪

 フランスに、ユーラシア大陸の東端・極東日本の安全保障を気づかう配慮はゼロ。対中禁輸前までは中国に相当数・種の兵器を売却し、禁輸後は台湾に戦闘機やフリゲートを売りつけた。フォークランド紛争(1982年)でも、同盟国・英国の駆逐艦など2隻を沈めた交戦国アルゼンチンに、同じ対艦ミサイルを事実上追加供与せんとし、英国にはこのミサイルの弱点を漏らす…国柄への認識が肝要だ。

 フランスは何度か対中禁輸解禁の旗頭に立った。2003~05年には、米国の猛反対と英国の“裏切り”で頓挫したが、あと一歩に迫った。解禁の見返りは、軍民汎用衛星や原子力発電プラント、高速鉄道の受注だった。

 節操なき彼我双方への兵器売却には、米国を意識し、中国を「戦略パートナー」として迎え「多極化」の主導権を共に握らんとする野望すら透ける。

 ところで、豪州の次期潜水艦受注に際し、フランス側は「極秘技術を、豪州と対立関係に在る国に提供せず」と確約した、とか。

 読者の皆様、信じる? 信じない? 

このニュースの写真

  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…
  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

「ニュース」のランキング