産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

 しかも、海自の敵艦捕捉技術と隠密行動は世界第一級で、浅海の、特に勝手知ったる東シナ海での実力は追従を許さぬ。中国海軍の潜水艦が自衛隊の“耳”をかすめ、隠密行動を容易にする、水深150~1000メートルの海域を目指す東シナ海の大陸棚越えは至難のワザ。浅海における、静粛性に優れた潜水艦配備と搭乗員の技量向上は、中国海軍の至上命令といえる。フランスによる技術支援や、海底基地や母艦を使った潜航など運用を工夫すれば、カイマンの戦力は脅威だ。

 カイマンが積む三次元海図作製機器も気になる。東シナ海での中国海洋観測艦遊弋は、潜水艦の攻撃・退却路である海底地形掌握も目的だ。 

中国への武器輸出にウズくフランス

 EUは天安門事件後、対中武器輸出を政治宣言したが、法的拘束力はナシ。それどころか、景気低迷を受け、欧州最大の対中武器輸出国フランスを筆頭に、解禁に踏み切りたい加盟国は多い。何しろ、フランスはロシアに大型強襲揚陸艦を、わが国の頭越しに売りさばこうとした前科を持つ。豪州の次期潜水艦も、カイマンも、強襲揚陸艦も、フランスの大手国策造船会社DCNSが手掛ける。

 強襲揚陸艦は、ロシアの「ウクライナ侵攻」を受けた経済制裁で立ち消えになったものの、配備されれば港湾設備を頼らず航空機などを駆使し、多数の戦闘員や戦車を陸揚げできる。母港となるウラジオストクの整備にも一時フランスは大乗り気で、自衛隊による北方領土奪回に備えた重大戦力の出現寸前だった。

節操なき彼我双方への兵器売却 透けるフランスの「野望」

このニュースの写真

  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…
  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

「ニュース」のランキング