産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

 中国が台湾侵攻や朝鮮半島有事で北朝鮮を支援するに当たり、米空母打撃群の急派・反撃を受ける可能性がある。その際、中国軍、特に潜水艦は最低でも九州・沖縄~台湾~フィリピン~ボルネオを結ぶ《第1列島線》、理想的には伊豆諸島を起点に小笠原諸島~グアム・サイパン~パプアニューギニアに至る《第2列島線》で迎撃する必要が生じる。

 米軍を支援する日本の貿易航路も、中国軍の封鎖後、南シナ海を通る西→東回りが、太平洋を通る東→西回りに変更を強いられるはずで、日本向け商船の破壊も第2列島線付近が作戦海域となろう。

浅海克服がカギの中国海軍潜水艦

 いずれにしても、第2列島線に向かうには、第1列島線越え、つまり黄海~東シナ海の制海権掌握が前提だ。ところが、一帯には大陸棚が横たわる。黄海は大半が水深40メートルで深くて150メートル、東シナ海もほとんど100メートルを超えない。

 これに対し、潜水艦の作戦行動は50メートル以下では困難。100メートルなら、艦の性能や搭乗員の技量で遂行できるが、東シナ海々底の激しい起伏は、要求性能・技量のハードルを上げる。

 「音の壁」も立ちふさがる。潜水艦は敵艦の原子炉・機関・スクリュー音傍受で攻撃対象・位置を特定しながら、自らの音を極限まで消し去ることが基本戦術。ただし、音の伝播は水深▽海底地形▽海流の速度・方向▽水温▽塩分濃度で変わる。とりわけ、浅海では音が乱反射し、捕捉に悪条件が増える。

このニュースの写真

  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…
  • 日本による豪州への潜水艦売り込みを阻止したのは仏が誇る通信傍受網だった!? 貧乏くじを引いたのは…

「ニュース」のランキング