産経ニュース

【産経抄】国際情勢が日々厳しさを増すなか…「撃たれる側に命をかける」 5月3日

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経抄】
国際情勢が日々厳しさを増すなか…「撃たれる側に命をかける」 5月3日

 ▼国際情勢が日々厳しさを増すなか、今年も憲法記念日を迎えた。さまざまな論点のある憲法のなかでも、やはり9条の問題は避けて通れない。「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」。前にも書いたが、9条2項を素直に読めば、憲法学者でなくても、自衛隊が合憲とする解釈には、無理がある。

 ▼国民の圧倒的な支持を受けている自衛隊を正しく位置づけるためには、憲法改正しかない。朝日新聞が最近好んで使う、「立憲主義」の考え方にも矛盾しないはずだ。もちろん、自衛隊廃絶の選択肢もある。「撃たれる側に命をかける」覚悟が必要だが。

「ニュース」のランキング