産経ニュース

【緊迫・南シナ海】海自機をフィリピン軍に貸与へ 中国を牽制

ニュース 政治

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
海自機をフィリピン軍に貸与へ 中国を牽制

フィリピンのガズミン国防相との電話会談を終え、記者団の取材に応じる中谷防衛相=2日午後、防衛省 フィリピンのガズミン国防相との電話会談を終え、記者団の取材に応じる中谷防衛相=2日午後、防衛省

 日本とフィリピン両政府は2日、海上自衛隊の練習機「TC90」をフィリピン海軍に貸与することで合意した。自衛隊機の他国への移転は初めて。日本側はフィリピンの警戒監視能力の向上を支援し、南シナ海で軍事拠点化を進める中国を牽制したい考えだ。

 中谷元防衛相とガズミン国防相が同日、電話会談して確認した。日本側は今年度から最大5機のTC90の貸与を開始する。パイロットや整備員の教育や訓練も支援する。

 中谷氏は2日の記者会見で「南シナ海の安定と平和を維持するため、地域の全ての国々との連携強化が重要だ。フィリピンの能力向上は地域の安定化につながる」と強調した。

 TC90の航続距離は、現行のフィリピン海軍機の約1.7倍に当たり、広大な南シナ海で監視活動への貢献が期待される。TC90がフィリピン海軍に導入されれば、「中国への一定の圧力」(防衛省幹部)となりそうだ。

 日比両政府は2月、自衛隊機などの提供を可能にする防衛装備品の移転協定に署名。今後、貸与の価格や期間などの条件を調整し、夏以降に正式に契約を交わす方針だ。

「ニュース」のランキング