産経ニュース

【日中外相会談】誠実に歴史反省、「中国脅威論」まき散らさない…中国が対日4項目を要求 関係改善目指すことは確認

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日中外相会談】
誠実に歴史反省、「中国脅威論」まき散らさない…中国が対日4項目を要求 関係改善目指すことは確認

中国の李克強首相(右)と会談する岸田外相=30日、北京の中南海(共同) 中国の李克強首相(右)と会談する岸田外相=30日、北京の中南海(共同)

 【北京=田北真樹子】中国を訪問している岸田文雄外相は4月30日、北京市内の釣魚台迎賓館で王毅外相と会談し、関係改善に向けて努力することで一致した。

 岸田氏は東シナ海や南シナ海問題に対する日本の懸念を伝えた。王氏は「日本が『中国脅威論』や『中国経済衰退論』をまき散らさない」などとする4項目の「希望と要求」を行った。

 岸田氏は、外交担当の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員とも会談し、安倍晋三首相と習近平国家主席の首脳会談の早期実現に向け、協議を加速することで一致した。

 日本の外相の訪中は国際会議出席を除くと4年半ぶり。岸田氏は記者団に「(会談が)日中関係の歯車を回す端緒になった」と述べた。

 岸田氏は李克強首相とも会談。李氏は「関係改善の基盤はまだ確固たるものではない。双方は改善の勢いを保ち、両国関係が正常な軌道に戻れるよう取り組むことを望む」と述べた。

このニュースの写真

  • 誠実に歴史反省、「中国脅威論」まき散らさない…中国が対日4項目を要求 関係改善目指すことは確認

「ニュース」のランキング