産経ニュース

【普天間返還合意20年】額賀福志郎・元防衛庁長官「辺野古移設と北部振興は車の両輪」 “V字滑走路”ひらめいた

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間返還合意20年】
額賀福志郎・元防衛庁長官「辺野古移設と北部振興は車の両輪」 “V字滑走路”ひらめいた

額賀福志郎氏 額賀福志郎氏

 --V字案への変更にあたり重視したことは

 「移設先の市町村の理解を得ることと普天間飛行場の危険を除去するため実現可能な計画であることだ」

 「沿岸案は頭越しに決定され、知事も市町村長も賛成できないとの立場だった。地元の名護市長の了解が得られる計画であれば、知事も反対する理由はなくなると考えた」

 --島袋氏との交渉は

 「ヘリコプターが住宅上空を飛ばないよう要望を受けたが、滑走路の位置と角度をどう変えてもヘリは住宅やゴルフ場の上空を飛行する。かといって滑走路を沖合に出せば反対運動の妨害を受けやすくなる。2本の滑走路を造ればいいとひらめいた。V字案の設計図を書かせ、苦心惨憺(さんたん)の結果だと島袋氏に提示し、要望に配慮してもらったと同意を得た」

「ニュース」のランキング