産経ニュース

民進党、消費税再増税で新たな見解発表へ 先送りの方向

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進党、消費税再増税で新たな見解発表へ 先送りの方向

 民進党は7日の執行役員会で、平成29年4月の消費税率10%への引き上げに関する新たな党の見解をまとめる方針を決めた。行政改革など再増税の前提条件が満たされていない上、今の経済情勢下での引き上げは困難とみて再増税先送りの方向になる可能性が高い。

 見解は党内で議論し、衆院北海道5区補欠選挙(24日投開票)前に発表する。江田憲司代表代行は執行役員会に先立つ記者会見で、再増税に関して「身を切る改革という前提が満たされていない。軽減税率は逆進性緩和にならない。おのずと結論は明らかだ」と先送りを示唆。「近いうちに岡田(克也)代表から党の見解を示したい」と述べた。

 岡田氏はこれまで増税の是非をめぐり賛否が分かれる党内世論に配慮し、態度を明確にしていない。共産など野党3党は民進党を加えた4党で再増税凍結法案の提出を目指している。

「ニュース」のランキング