産経ニュース

【衆参同日選】民進党、調整不足を露呈 旧民主、旧維新の立候補予定者がそれぞれ「公認内定」主張 衆院東京2区

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆参同日選】
民進党、調整不足を露呈 旧民主、旧維新の立候補予定者がそれぞれ「公認内定」主張 衆院東京2区

大熊氏のホームページに掲載された名札の写真 大熊氏のホームページに掲載された名札の写真

 前回選挙では、自民の辻清人氏が約10万4千票を獲得して当選。中山氏が約5万8千票、大熊氏が約4万4千票を獲得。旧民主、旧維新の票を単純に足せば自民票と拮抗する。

 中山陣営の関係者は「中山氏は2区で4度も当選しており、強固な地盤がある。民進党は風頼みの大熊氏ではなく、松尾氏を公認候補にあてると考えている」と「後継者」を強調している。

 混迷が深まる中、民進の選挙対策委員会は「現時点では白紙」としている。

「ニュース」のランキング