産経ニュース

【宮家邦彦のWorld Watch】北朝鮮ついに崩壊…その時日本は国益を守れるか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【宮家邦彦のWorld Watch】
北朝鮮ついに崩壊…その時日本は国益を守れるか

北朝鮮のミサイル再発射に備え、東京都新宿区の防衛省敷地内に配備されたPAC3=18日 北朝鮮のミサイル再発射に備え、東京都新宿区の防衛省敷地内に配備されたPAC3=18日

 残念だが危機の際、日本ができることには限界がある。今回も日本チームの議論は、邦人・拉致被害者の保護、サイバーテロによる停電への対処などに多くの時間が費やされた。動きの慎重な米政府に対し日本側から積極的に働き掛けることもなかった。

 東アジアが世界最大の経済圏となりつつある今、日本が果たすべき責任の大きさを痛感させられた。

 最後に、このシミュレーションに参加・協力いただいた各方面の関係者の方々に対し、心より御礼申し上げる。

【プロフィル】宮家邦彦 みやけ・くにひこ 昭和28(1953)年、神奈川県出身。栄光学園高、東京大学法学部卒。53年外務省入省。中東1課長、在中国大使館公使、中東アフリカ局参事官などを歴任し、平成17年退官。第1次安倍内閣では首相公邸連絡調整官を務めた。現在、立命館大学客員教授、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。

「ニュース」のランキング