産経ニュース

自公幹事長 安保法廃止法案の審議しない方針で一致

ニュース 政治

記事詳細

更新


自公幹事長 安保法廃止法案の審議しない方針で一致

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は30日、都内で会談し、野党が国会に提出している安全保障関連法の廃止法案について審議には応じない方針で一致した。

 両党は安保関連法の審議が約216時間に及び、新党改革などの野党側も賛成して成立した経緯を重視。会談に同席した自民党の佐藤勉国会対策委員長は「すでに決着している議論を再び蒸し返すだけだ」と理由を説明した。

 一方、谷垣、井上両氏はヘイトスピーチ(憎悪表現)を抑止する与党案を今週中に取りまとめることも確認した。

 民進党など野党は、取り調べの可視化などを盛り込んだ刑事訴訟法改正案を参院で審議する前に、野党側が提出したヘイトスピーチ規制法案(人種差別撤廃施策推進法案)の審議を優先するよう求めている。

 このため、与党としてはヘイトスピーチ抑止の対案を示すことで、刑訴法改正案の早期審議入りを目指す考えだ。

「ニュース」のランキング