産経ニュース

子供の貧困連鎖断ち切れ 静岡県、新年度から勉強合宿や「こども食堂」

ニュース 政治

記事詳細

更新


子供の貧困連鎖断ち切れ 静岡県、新年度から勉強合宿や「こども食堂」

 子供の貧困の連鎖を止めようと、県が子供の貧困対策に本格的に乗り出した。新年度から、経済的に厳しく塾に通えない家庭の子供たちを集めて、“勉強合宿”を行うほか、食事が満足にとれない子供のための「こども食堂」を、湖西市など県内3カ所でモデル的に実施する。

◆5年間で1.8倍増

 県の子どもの貧困対策計画によると、県内の生活保護世帯の子供は3587人(平成25年度)で、5年間で1・8倍に増えた。就学援助を受けている子供は1万9265人(同年度)で、少しずつ増えている。

 本県の生活保護世帯の児童生徒は、高校進学率と高卒後の就職率が全国平均を上回る半面、大学進学率は20・6%と全国平均より10ポイント以上低い。貧困家庭では、親も同様の環境で育ち、高等教育を受けていないケースが少なくない。このため、貧困の世代間連鎖を断ち切る対策が急務となっている。

 貧困家庭の子供たちはほぼ塾には通えないため、学校以外の勉学の場を提供しようと、県は新年度から貧困家庭の小中学生を対象に“勉強合宿”を実施する。夏休みや冬休み中に4泊5日程度で、年2回実施する。

「ニュース」のランキング