産経ニュース

【朝鮮学校】在校生4万から6千人に激減 社会保険滞納10億円、核実験礼賛行事参加も  

ニュース 政治

記事詳細

更新

【朝鮮学校】
在校生4万から6千人に激減 社会保険滞納10億円、核実験礼賛行事参加も  

 また、戦後、在校生の多くが朝鮮籍だったが、今年までに国籍変更などで韓国籍が過半数を占め逆転。韓国政府の方針で国籍変更が容易になっている背景がある。

 一方、授業料収入が減り、学校側が教員に支払う給料遅配が常態化。関西のある朝鮮学校では昨年から今年にかけての半年間、給与を支給しなかった。

 このため、各学校と教職員が日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ支払わなくてはならない社会保険料の掛け金滞納額が今月、累計約10億円に達した。事業団は滞納について「個別の学校の事情は答えない」としている。

 朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長は学校を北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を支える愛国運動の要と位置付けて昨年末、初級生ら約200人の在日朝鮮学生少年芸術団を平壌に派遣。1月1日に金第1書記をたたえる公演を行わせた。滞在中の同月6日に北朝鮮が核実験を強行し、直後の8日に開催した実験成功を祝うイベントに芸術団員が参加した。

「ニュース」のランキング