産経ニュース

秋田知事、文化庁の京都移転批判 消費者庁も「なんで徳島に関係あるの」

ニュース 政治

記事詳細

更新


秋田知事、文化庁の京都移転批判 消費者庁も「なんで徳島に関係あるの」

記者会見する秋田県の佐竹敬久知事=22日、県庁(渡辺浩撮影) 記者会見する秋田県の佐竹敬久知事=22日、県庁(渡辺浩撮影)

 政府が22日決定した国機関の地方移転に関する基本方針で、文化庁の京都府への全面移転が明記されたことについて、秋田県の佐竹敬久知事はこの日の定例記者会見で「研究機関はどこに行ってもいいが、中央省庁の本庁舎を地方に移すことは反対だ」と述べた。

 知事は「京都は文化財が多いからというが、国指定重要無形民俗文化財の数は秋田が1位だ。陳情などで人が行く機関の地方移転は行革に反する。京都の人は出張旅費がいらなくなるが、こっちは倍になる」と批判。

 8月末までに移転の可否を判断するとされた消費者庁の徳島県移転についても「消費者庁がなんで徳島に関係あるんだ。東京は日帰りで行けるが、徳島なら2泊3日になる」と述べ、「文化庁と消費者庁は力が弱いから狙われた」との認識を示した。

「ニュース」のランキング