産経ニュース

安倍首相、防大卒業式で訓示 「全ては国民のリスク下げるため」安保法制の必要性訴える

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍首相、防大卒業式で訓示 「全ては国民のリスク下げるため」安保法制の必要性訴える

防衛大学校の卒業式で、訓示する安倍首相=21日午前、神奈川県横須賀市 防衛大学校の卒業式で、訓示する安倍首相=21日午前、神奈川県横須賀市

 安倍晋三首相は21日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し「いかなる状況にあっても国民の命と平和な暮らしは断固として守り抜く。そのことを考え抜いた結論が『平和安全法制』だ」と述べ、29日に施行される安全保障関連法の必要性を訴えた。

 安保関連法で隊員に付与する新たな任務については「これまで同様、危険の伴うものだ」と説明。その上で「全ては国民のリスクを下げるため。その任務は誠に崇高なものだ」と激励した。「新しい任務でも、現場の隊員たちが安全を確保しながら適切に実施できるよう、あらゆる場面を想定して周到に準備しなければならない」とも語り、事前の準備に万全を期す考えも示した。

 首相は、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射、中国を念頭にした沖縄県・尖閣諸島周辺での領海侵犯などを例示し、「望むと望まざるとに関わらず、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している」と指摘。「この冷厳な現実から目を背けることはできない」と強調した。

「ニュース」のランキング