産経ニュース

【参院選】自民・溝手参院会長 憲法改正の争点化に否定的 公明も牽制

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院選】
自民・溝手参院会長 憲法改正の争点化に否定的 公明も牽制

自民党・溝手顕正参院会長 自民党・溝手顕正参院会長

 自民党の溝手顕正参院議員会長は20日のNHK番組で、憲法改正を夏の参院選の争点に掲げることに否定的な考えを示した。「そういう(争点にする)動きが今、現実にあると思っていない」と述べた。公明党の魚住裕一郎参院会長も「争点という意味では現実的ではない」と牽制(けんせい)した。

 改憲議論の進め方について、溝手氏は「早く片が付くものは付けたほうがいい。大切な問題が9条だが、そう簡単にいく話ではない」と指摘。野党の理解が得られる条項から着手すべきだとの考えを述べた。

 一方、民主党の郡司彰参院議員会長は「憲法を不磨の大典として飾っておくものではない、というのが共通の理解だ」と語り、議論することに前向きな姿勢を示した。

「ニュース」のランキング