産経ニュース

自民議員、「東京一極集中打破」の議員連盟設立

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民議員、「東京一極集中打破」の議員連盟設立

 自民党の有志議員は17日、東京一極集中を是正し、地方の人口流出に歯止めをかけることを目指す議員連盟の設立総会を国会内で開いた。衆院選挙制度改革に関し、地方の議員定数の削減が進み、地方の声が国政に反映されにくくなることへの懸念が相次いだ。

 議連の名称は「行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連盟」。川崎二郎元厚生労働相(三重1区選出)が会長に就任した。

 総会では、宮下一郎衆院議員(長野5区選出)が「国会議員は地域の代表であると憲法で意味付けすることが重要だ」と述べ、地方に手厚く議席配分できるよう憲法改正の検討を呼びかけた。務台俊介衆院議員(長野2区選出)は、有権者が居住地ではなく本籍地でも投票できる「ふるさと投票」を提案した。

「ニュース」のランキング