産経ニュース

憲法改正へ「緊急事態条項」議論停滞 首相は意欲強調も野党は応ぜず

ニュース 政治

記事詳細

更新


憲法改正へ「緊急事態条項」議論停滞 首相は意欲強調も野党は応ぜず

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は14日の参院予算委員会で、憲法改正について「今後も公約に掲げて訴えていく」と改めて意欲を示した。同時に「多くの党の支持をいただかなければならない」と述べ、改憲に前向きな野党との連携の必要性も訴えた。ただ東日本大震災発生後に盛り上がった「緊急事態条項」を憲法に加える機運は国会でしぼみつつある。議論が急がれるテーマにもかかわらず、夏の参院選を控え、与野党間の議論が進む気配はない。

 「大規模な災害が発生したような緊急時に国民の安全を守るため、国家、国民がどのような役割を果たすべきかを憲法に位置付けるのは極めて大切な課題だ」

 首相は14日の参院予算委で、自民党が憲法改正の優先項目に掲げる緊急事態条項創設の必要性をこう強調した。自民党の山谷えり子元防災担当相も予算委で「この規定が憲法にないがゆえに東日本大震災でも混乱が起きた」と訴えた。

「ニュース」のランキング