産経ニュース

自民、若者にアプローチ? 青年局「被選挙権の年齢引き下げを」提言

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民、若者にアプローチ? 青年局「被選挙権の年齢引き下げを」提言

 自民党青年局は12日、若者の政治参加を促すため、被選挙権年齢の引き下げや国政選挙の立候補者が支払う供託金の減額などを検討するよう求める提言をまとめた。牧原秀樹青年局長が同日、党本部で開いた全国青年部長・青年局長合同会議で、谷垣禎一幹事長に手渡した。

 谷垣氏は夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを見据え「いかに若い世代にアプローチするかが中心課題の一つだ」と強調した。

 提言は「若い世代の政治参加を促すことこそが、わが国の民主主義の質をさらに高める」と指摘し、インターネットの活用などで投票率向上を図るべきだとした。具体的な被選挙権年齢や供託金額は盛り込まなかった。

「ニュース」のランキング