産経ニュース

【国連女子差別撤廃委員会】政府、国連差別撤廃委へ遺憾伝達

ニュース 政治

記事詳細

更新

【国連女子差別撤廃委員会】
政府、国連差別撤廃委へ遺憾伝達

 菅義偉官房長官は8日の記者会見で、国連女子差別撤廃委員会が7日に発表した慰安婦問題を含む日本に関する最終見解について「(昨年12月の)日韓合意を批判するなど日本政府の説明内容を十分に踏まえておらず、極めて遺憾で受け入れられない」と述べた。駐ジュネーブ代表部を通じ委員会側に遺憾の意を伝えたことも明らかにした。

 菅氏は、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長や米国、英国なども日韓合意を歓迎していると指摘し、「最終見解は国際社会の受け止めと大きくかけ離れており、批判は全く当たらない」と強調した。

 一方で、最終見解の発表前に委員会側から「日本の説明を踏まえ、『性奴隷』の表現を用いず『慰安婦』の用語に統一する」と伝達されたことに言及。限定的ながら日本政府の反論が奏功したとの認識も示した。

「ニュース」のランキング