産経ニュース

【震災5年】安倍首相、被災地訪問28回 自立支援を後押し

ニュース 政治

記事詳細

更新

【震災5年】
安倍首相、被災地訪問28回 自立支援を後押し

【読売新聞代表撮影】「復興牧場」の牛乳で作ったヨーグルトを試食する安倍首相(中央)=5日午前9時44分、福島市(読売新聞代表撮影) 【読売新聞代表撮影】「復興牧場」の牛乳で作ったヨーグルトを試食する安倍首相(中央)=5日午前9時44分、福島市(読売新聞代表撮影)

 安倍晋三首相の東日本大震災の被災3県への訪問は、第2次安倍政権発足から5日の福島県入りで28回目になる。復興を政権の最重要課題に掲げる首相は、毎月のように被災地を訪れ、復旧・復興の加速と地域経済の自立を後押ししてきた。11日には5年を迎えるが、避難住民の帰還や除染など復興の課題も山積している。(千田恒弥、小野晋史)

 「食べると非常にリッチな感じでおいしい」

 青いジャンパーを着込んだ首相は5日、原発事故で避難を余儀なくされた酪農家への支援策として福島市内に整備された共同利用牧場を視察。牧場の原乳で作られたヨーグルトを食べて笑顔を見せた。酪農家らに「皆さんの成功が東北の未来につながっていく。しっかりと復興を進めていきたい」とも語りかけ、復興促進を約束した。

 首相は平成24年12月に政権復帰を果たすと、初の被災地視察先として福島第1原発を選んだ。その後も甚大な津波被害を受けた宮城県石巻市や岩手県陸前高田市などを精力的に回り、自身の目で課題を把握することで、生活支援やインフラ整備などの復興政策に反映させてきた。

 27年に入ると、完成した高速道路や災害公営住宅などにも足を運び、地域の住民と言葉を交わした。また、地域経済の牽引(けんいん)役となる中小企業の生産再開を重視。毎回のように水産物や果物などをカメラの前で試食し購入した。「自ら宣伝マンになる」(首相周辺)ことで、地元産業の再生と自立を促す狙いがある。

このニュースの写真

  • 安倍首相、被災地訪問28回 自立支援を後押し
  • 安倍首相、被災地訪問28回 自立支援を後押し

「ニュース」のランキング