産経ニュース

【舛添知事定例会見録】「JSCが考えていると思ってた」聖火台問題、反省の弁も「メディアの指摘もなかった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
「JSCが考えていると思ってた」聖火台問題、反省の弁も「メディアの指摘もなかった」

記者会見する東京都の舛添要一知事=4日、都庁 記者会見する東京都の舛添要一知事=4日、都庁

 《3月4日午後2時から都庁会見室で》

【冒頭発言】

 「11日で未曽有の被害をもたらした東日本大震災から5年が経過することになります。改めて、震災で亡くなられた方々に哀悼の意を示したいと思っています」

 「都ではこの節目を捉え、都民や事業者の皆さまに自助、共助への理解を深めていただき、首都直下地震への備えを推進しなければなりませんので、『防災展2016』を開催したいと思っています」

 「区部のエリアでは、11日から13日まで、新宿駅西口広場イベントコーナーなどで東日本大震災の写真や映像、資料の展示のほか、災害用伝言サービスなど災害時の安否確認手段の紹介、さらに防災資機材などの展示・体験を行いたいと思っています」

 「多摩地域では、1日から昭和記念公園で多摩直下地震の被害想定のパネル・資料展示などを実施しておりますけれども、明日からの週末、5日、6日にメーンイベントとし、東日本大震災の津波を取り上げたドキュメンタリー映画、講演・セミナーなどを行います」

 「いずれの会場でも防災クイズなど家族で楽しめるイベントや『東京防災』を活用したワークショップなども用意してありますので、ぜい多くの皆さんに来場していただけるとありがたいと思っています」

 「それから、11日は、都として震災の犠牲になられた方々に改めて哀悼の意を込め、全庁で黙祷(もくとう)、弔旗の掲揚を予定しております。国において開催される東日本大震災5周年追悼式には、私も参加させていただきます」

 「次は豊洲市場です。11月7日にいよいよ築地から引っ越してまいりますけれども、そこの6街区における千客万来施設の事業予定者が決定したので、お知らせします」

 「決まっていた方が辞退するという事態が起こってここまでになりましたけれども、千客万来施設は、豊洲ならではの活気やにぎわいを生み出すために整備するものであり、1月に3グループから提案をいただきました」

 「事業内容につきまして、外部の専門家などにより審査をした結果、事業予定者を『万葉倶楽部』に決定しました。よく、大きなトラックで万葉倶楽部と書いて温泉の湯を湯河原から運んできているのをいろいろなところで見ると思いますけれど、あそこです」

「ニュース」のランキング