産経ニュース

共産党の抱きつき戦術に民主党から「ありがた迷惑」の声

ニュース 政治

記事詳細

更新


共産党の抱きつき戦術に民主党から「ありがた迷惑」の声

 民主、共産、維新、社民、生活の野党5党の幹事長・書記局長が4日、夏の参院選に向けた「連携協議会」を国会内で開き、1人区の宮城選挙区で共産党が候補を取り下げ、民主党公認の現職に一本化することを確認した。共産党は民主党などが提出した平成28年度予算案の組み替え動議にも賛成。軟化路線が顕著だが、民共連携の印象が強まることには民主党内に「ありがた迷惑」(幹部)との声も漏れる。

 連携協議会では、合意済みの安全保障関連法廃止以外に消費税再増税や原発問題などで共通政策を検討することも確認した。共産党の山下芳生書記局長は記者会見で「実りある協議ができた」と胸を張った。

 共産党は宮城以外の1人区で民主党と競合する20選挙区のうち、山梨、長野、鳥取・島根、徳島・高知でも一本化に動き出している。今後も候補取り下げは拡大する見通しだ。

「ニュース」のランキング