産経ニュース

【衆院予算委】「上から目線の国権主義が安倍政権の本質だ」 維新・柿沢氏、高市発言を批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
「上から目線の国権主義が安倍政権の本質だ」 維新・柿沢氏、高市発言を批判

柿沢未途議員 柿沢未途議員

 維新の党の柿沢未途衆院議員は1日午前の衆院予算委員会で、高市早苗総務相が電波停止に言及した問題を追及。「国家権力が言論を統制するという、上から目線の国権主義が安倍政権の本質だ」と批判し、安倍晋三首相をいらつかせた。

 東大卒業後の約4年、NHK記者として働いた柿沢氏は「ジャーナリズムの自由を国家権力で侵害するかのような高市氏の言動が危険視されている。私もジャーナリストの端くれとして高市氏に異様なものを感じてきた」との見方を示した。さらに「日本を代表するジャーナリストが怒りの声を上げた」として、田原総一朗、岸井成格、鳥越俊太郎、池上彰の4氏の名前を挙げ、「ある種の恫喝だ」(鳥越氏)といった高市氏批判の声を紹介した。

「ニュース」のランキング