産経ニュース

大阪府人口68年ぶり減少 15年国勢調査、2万6千人

ニュース 政治

記事詳細

更新


大阪府人口68年ぶり減少 15年国勢調査、2万6千人

 大阪府は22日、2015年国勢調査(10月1日現在)の速報値を発表した。府の人口は883万8908人と、10年調査と比べ2万6337人(0.3%)減で、戦争の影響で減った1947年の臨時国勢調査以来68年ぶりに減少に転じた。

 府は人口減少の詳細な原因は分析中としているが「少子化の影響が大きい」とみている。

 府によると、府内43自治体のうち、堺市や東大阪市など25市8町村で10年調査より人口が減少。最も減少したのは門真市で7474人減だった。一方、大阪市や吹田市、茨木市など8市2町は増加。最も増えたのは大阪市で2万6428人増だった。

 男女別では、男性が3万485人減少したのに対し、女性は4148人増加していた。

 府の人口は1920年の国勢調査以降、47年を除いて一貫して増加。ただ増加幅は、60~65年の約115万人増をピークにその後は縮小傾向だった。

 松井一郎知事は記者団に「毎年東京に人が流れている。基礎自治体のトップが自分の身を削ってでも子育て世代のサービスを拡充していくべきだ」と述べた。

「ニュース」のランキング