産経ニュース

【普天間移設】作業妨害のためゲート前にコンクリブロック1500個 威力業務妨害容疑で押収

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
作業妨害のためゲート前にコンクリブロック1500個 威力業務妨害容疑で押収

キャンプ・シュワブのゲート前に残されたコンクリートブロック キャンプ・シュワブのゲート前に残されたコンクリートブロック

 1月20日前後に関係者が名護市内の複数の販売業者を訪れ、数百個単位でブロックを購入し、ヘリ基地反対協議会宛ての領収書を受け取っていた。ブロックは1個約100円。業者にゲート前まで配達させるケースもあった。

 一方、辺野古基金は昨年4月に設立され、建設業などを展開する「金秀(かねひで)グループ」の呉屋守将(ごや・もりまさ)会長らが共同代表を務める。呉屋氏は一昨年11月の知事選で翁長雄志(おなが・たけし)氏を支援した中心人物で、翁長氏も辺野古基金の設立記者会見に同席した。

 辺野古基金は2月3日現在、約5億4千万円の寄付金を集めた。寄付金は辺野古移設阻止に向けて活動する組織の支援にも運用し、ヘリ基地反対協議会も配分を受けており、県警は寄付金の一部をブロック購入に充てた可能性があるとみている。

「ニュース」のランキング