産経ニュース

小泉進次郎氏、また難役…農業に続き「聖域」の社会保障に切り込み 

ニュース 政治

記事詳細

更新


小泉進次郎氏、また難役…農業に続き「聖域」の社会保障に切り込み 

 そんな小泉氏の抜擢には別の狙いがあるとの見方が出ている。「最後の聖域」ともいわれる社会保障分野に、安倍晋三首相を中心とした官邸サイドがメスを入れるというのだ。

 首相は昨年10月、消費税の軽減税率導入に向けた与党協議の過程で、意向に従わない野田毅税制調査会長(当時)を更迭、「党内最大の聖域」とされた税調の事実上の解体に動いた。小泉氏の農林部会長への起用には、TPP対策の議論で「うるさ型」を押さえ込む思惑もあった。

 小委員会設置に厚労族の一人は「議論するだけで結局は何もできないだろう」と冷ややかだ。党内には厚労族が幹部を占め、野田氏が委員長を務める社会保障制度に関する特命委員会もあり、「議論が混乱する」と反発する動きもある。

 党内の空気を察してか、小泉氏は記者団に「社会保障とか財政だけではなくて、教育、雇用、少子化などの問題をタブーなく、幅広く議論する」とテーマを社会保障に絞らない考えを示したが、厚労族の抵抗は避けられそうにない。

このニュースの写真

  • 小泉進次郎氏、また難役…農業に続き「聖域」の社会保障に切り込み 

「ニュース」のランキング