産経ニュース

宜野湾市長選、普天間飛行場の移設促進派の現職が再選確実

ニュース 政治

記事詳細

更新


宜野湾市長選、普天間飛行場の移設促進派の現職が再選確実

 選挙戦で支持を訴えた佐喜真淳氏=沖縄県宜野湾市  選挙戦で支持を訴えた佐喜真淳氏=沖縄県宜野湾市

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が24日、投開票され、無所属で現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=が無所属で新人の元県職員、志村恵一郎氏(63)を破り、再選を果たすことが確実となった。

 普天間飛行場の名護市辺野古移設に対する姿勢が争点となった選挙は、安倍晋三政権の支援を受け辺野古移設を否定しない佐喜真氏と、移設に反対で同県の翁長雄志知事に支援された志村氏との一騎打ちの構図だった。投票率は68・72%だった。

このニュースの写真

  • 宜野湾市長選、普天間飛行場の移設促進派の現職が再選確実
  • 宜野湾市長選、普天間飛行場の移設促進派の現職が再選確実

「ニュース」のランキング