産経ニュース

日露関係担当大使に原田前駐露大使 岸田外相「領土問題は最優先課題の1つ」

ニュース 政治

記事詳細

更新


日露関係担当大使に原田前駐露大使 岸田外相「領土問題は最優先課題の1つ」

 政府は22日の閣議で、北方領土問題をめぐるロシアとの交渉を進めるため、前駐ロシア大使の原田親仁氏を日露関係担当大使に起用する人事を承認した。

 岸田文雄外相が同日の閣議後の記者会見で発表した。岸田氏は「北方領土問題をはじめ日露関係への取り組みは(安倍晋三政権の)最優先の外交課題の1つであり、原田氏の役割を極めて重視している」と述べた。

 原田氏は、北方領土の帰属問題の解決と平和条約締結に向け、両政府間のハイレベル協議を担当する。

 首相は5月の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)前の訪露を検討中で、ウクライナ情勢や北朝鮮問題などサミット議長国としてもプーチン大統領との首脳間対話を重視。実現が遅れているプーチン氏の来日に向け、担当大使によるハイレベル協議で調整を加速したい考えだ。

「ニュース」のランキング