産経ニュース

【参院予算委員会】もし、民主党議員が経営者だったら…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院予算委員会】
もし、民主党議員が経営者だったら…

 参院予算委員会で15日、安倍晋三首相と民主党の石橋通宏氏が労働法制をめぐって議論したが、まるでかみ合わなかった。

 石橋氏は「首相が言う企業が活躍しやすい国を自分で考えてみた」として列挙した。

 「正社員を解雇しやすくすると楽だな。もっと有期雇用規制も派遣規制も緩和してもらって自由に使えるといいな。正社員も雇いたくないので正社員も雇わなくていいようにしたいな、と。でも、正社員もいっそ、もっともっと残業代を払わなくても働けるようにしてほしいな。そうしたら労働コストが引き下げられるから利益があがるな」

 その上で、「僕が経営者だったらそう言います」と続けた。

 これには首相は苦笑いを浮かべながら「石橋議員が経営者になられたら、もっと素晴らしい経営をされると確信している」と述べ、「基本的には、非正規で働く方の改善、正社員を希望する方への正社員の転換など、働く方々が能力を発揮できる企業を作っていくことが重要だ」と応じた。

 納得できない様子の石橋氏が、昨年の通常国会で改正労働者派遣法が成立したことを受けて「派遣の方から感謝状は届いたか」と質問すると、首相は「感謝状は来ていません」と否定した。

「ニュース」のランキング