産経ニュース

【北朝鮮核実験】空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北朝鮮核実験】
空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集

北朝鮮での核実験を受け、機体下部に調査のための集じんポッドをつけたT4練習機が離陸した =6日午後、茨城県の航空自衛隊百里基地(川口良介撮影) 北朝鮮での核実験を受け、機体下部に調査のための集じんポッドをつけたT4練習機が離陸した =6日午後、茨城県の航空自衛隊百里基地(川口良介撮影)

 航空自衛隊は7日、北朝鮮が水爆実験実施を発表した6日に引き続き、集(しゅう)塵(じん)装置を搭載したT4練習機を派遣した。また、核実験で発生する希ガスの有無を調べるため、C130輸送機も飛行させた。

 T4練習機は、空自の三沢基地(青森県三沢市)、百里基地(茨城県小美玉市)、築城基地(福岡県築上町)、小松基地(石川県小松市)から飛び立ち、C130輸送機は小牧基地(愛知県小牧市)から発進した。

 それぞれ1時間前後、日本上空を中心に飛行し、塵やガスを収集。放射性物質の有無を調べるため、公益財団法人「日本分析センター」に運んだ。空自は当面の間、同様の活動を続ける。

このニュースの写真

  • 空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集
  • 空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集
  • 空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集
  • 空自、引き続きT4練習機を派遣 C130輸送機も 放射性物質収集

「ニュース」のランキング