産経ニュース

【安倍首相年頭会見】「未来へ挑戦する1年に」「参院選で憲法改正訴える」「同日選は考えていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍首相年頭会見】
「未来へ挑戦する1年に」「参院選で憲法改正訴える」「同日選は考えていない」

年頭の記者会見に臨む安倍晋三首相=4日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は4日午前、官邸で年頭の記者会見を行い、今夏に行われる参院選について「憲法改正をしっかりと訴え、国民的な議論を深めていきたい」と述べた。勝敗ラインに関しては「連立政権で安定した政治を前に進めるため、自民、公明両党で過半数を確保したい」と明言。衆参同日選の可能性については「全く考えていない」と改めて否定した。

 首相は、同日召集の通常国会を「未来へ挑戦する国会」と位置付け、1億総活躍社会を実現させる目標を念頭に、「本年は挑戦あるのみ。未来へと果敢に挑戦する1年とする」と強調した。

 5月の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)で議長国を務めることなどを踏まえ、「不透明さを増す世界経済、テロとの戦い、貧困や開発の問題、アジア太平洋の情勢など世界が直面する課題を議論したい」と主導的役割を果たす考えを示した。ロシアのプーチン大統領との首脳会談については「北方領土問題は首脳間のやり取りなしには解決できない。(プーチン氏の)訪日時期は、最も適切な時期を引き続き探っていく」と説明した。

 また、首相は江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が各地に桜の苗木を植えた功績に言及し、「花が咲くようになれば、人々が集まり豊かになるに違いないとの信念で未来に投資した。そのおかげで、300年後の私たちも花見ができる」と指摘。その上で「私も日本の将来をしっかりと見据え、木を植える政治家でありたい」と述べた。

「ニュース」のランキング