産経ニュース

【単刀直言】稲田朋美自民党政調会長 「慰安婦」「百人斬り」…虚偽訂正 学ぶことから

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
稲田朋美自民党政調会長 「慰安婦」「百人斬り」…虚偽訂正 学ぶことから

自民党「TPP総合対策実行本部」の申し入れで官邸に入る稲田朋美政調会長=11月20日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 私は弁護士時代から、客観的な事実をしっかりと世界に発信していこうと主張してきました。慰安婦問題や南京攻略戦での「百人斬り」など、韓国や中国との間に横たわる歴史認識問題では、あまりにも多くの嘘が流布しています。党内に総裁直轄の「歴史を学び未来を考える本部」を立ち上げたのは、国会議員も「世界の中の日本」という視点から歴史を学び直す必要があると思ったからです。

修正主義批判から脱却を

 過去を反省するときにも、客観的事実が出発点です。「何を反省するか」がないと真の反省ではないからです。外交において「歴史認識カード」を切られたとしても、いわれなき非難に対してはたじろぐことなく客観的事実で冷静に切り返すべきです。戦後70年も経過しているのですから、東京裁判の判決理由の中に書かれた「歴史ストーリー」を何も疑ってはいけない、疑うのは歴史修正主義だという風潮からは、そろそろ脱却すべきでしょう。

 自民党はこの11月15日に立党から60年を迎えました。結党時の「党の使命」には「秩序と伝統の中につねに進歩を求め、反省を怠らず…道義的な国民政党たることを信念とする」などと書かれています。11月29日の立党60年記念式典に合わせて歴史を学ぶ本部を設置したのは、立党の原点に立ち返ろうという意味を込めてのことでもありました。

このニュースの写真

  • 稲田朋美自民党政調会長 「慰安婦」「百人斬り」…虚偽訂正 学ぶことから
  • 稲田朋美自民党政調会長 「慰安婦」「百人斬り」…虚偽訂正 学ぶことから
  • 稲田朋美自民党政調会長 「慰安婦」「百人斬り」…虚偽訂正 学ぶことから

「ニュース」のランキング