産経ニュース

【「市民連合」結成会見詳報(3)】ママの会・西郷南海子氏「誰の子供も殺させないため野党共闘を…」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「市民連合」結成会見詳報(3)】
ママの会・西郷南海子氏「誰の子供も殺させないため野党共闘を…」

「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の結成を発表し、手を重ねるシールズの諏訪原健さん(中央)、法政大の山口二郎教授(右端)ら市民団体の有志=20日午後、東京都千代田区

《戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会・高田健氏》

 「総がかり行動実行委員会は従来の平和運動を担ってきた大きな3つのネットワークが呼び掛け結成された。意見の違いがあって別々の運動をしてきたが、昨年12月15日に共同ネットワークを作ろうとなった。現在ネットワークだけで19団体が入っている。全部の団体数は計算したこともないぐらい強大なネットワークができた。いろんな行動をしてきた」

 「8月30日の国会前の12万人、全国100万人の行動を大きなピークとして戦争法制に反対する運動をやってきたが、最終段階の9月17日から19日までの国会前の戦いで忘れられないのだが、多くの集まった市民の中から『憲法違反』というシュプレヒコールと『野党は共闘』というシュプレヒコールが3日間、雨の中であがり続けた。これが多くの市民たちの声だったと思っている」

 「強行採決以降も委員会としては、やり遂げる仕事がある。強行採決されたからといって憲法違反であることは間違いない。廃止にしていくために野党の共闘を実現していきたいということでやってきた。全国に実行委員会ができた。私は流行語大賞だと笑っているが。この力を持って来年の参院選で安倍晋三内閣に不信任を突きつけたい」

「ニュース」のランキング