産経ニュース

【「市民連合」結成会見詳報(2)】山口二郎法大教授「民主党は市民の叫びに引っ張られ成長した」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「市民連合」結成会見詳報(2)】
山口二郎法大教授「民主党は市民の叫びに引っ張られ成長した」

「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の結成を発表し、記者会見するシールズの諏訪原健さん(左)、法政大の山口二郎教授(右)ら=20日午後、東京都千代田区

 学生グループ「SEALDs(シールズ)」などの市民団体が20日に開いた「安全保障法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)結成記者会見の詳報は次の通り。

《立憲デモクラシーの会・山口二郎法政大教授》

 「この5団体(シールズ、安全保障関連法に反対する学者の会、立憲デモクラシーの会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、安保法制に反対するママの会)が動いた経緯について補足する。10月から民主党の枝野幸男幹事長の呼び掛けで、安保法制に反対した野党と諸団体の意見交換の場が開設され、12月までに3回持たれた。そこに呼ばれた5団体が今回の5団体だ。われわれは政党間の話し合いによる政党同士の共闘というすっきりした形がなかなか現実的に望めないという状況を見て、年内に市民の側から野党の協力を呼び掛ける動きを始めたいということで発足に至った」

「ニュース」のランキング