産経ニュース

【新国立競技場】都有地を国に無償貸与へ 応募業者の「提案書」、14日に公表

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
都有地を国に無償貸与へ 応募業者の「提案書」、14日に公表

 東京都が新国立競技場の建設予定地となっている約2万6千平方メートルの都有地について、国に無償で貸し出す方向で国と検討していることが11日、関係者への取材で分かった。都の競技場関連の支出は448億円に及ぶ見通しとなっているが、年数億円とみられる借地料の免除で、都の負担はさらに膨らむ可能性がある。

 都によると、建設予定地となっているのは明治公園の一部。より大規模な競技場への建て替えで、敷地に含まれることになった。

 一方、遠藤利明五輪相は11日、新国立競技場の新たな建設計画で、応募した業者が総工費や工期、外観のイメージなどの詳細な内容を記載した「技術提案書」が14日に公表されることを明らかにした。白紙撤回となった旧計画では選考過程の情報公開が不十分だったと批判されたことを踏まえ、透明性を高める狙いがある。

「ニュース」のランキング