産経ニュース

ロシアが北方領土に軍事施設 日本政府が表立った批判を控えるワケは?

ニュース 政治

記事詳細

更新


ロシアが北方領土に軍事施設 日本政府が表立った批判を控えるワケは?

記者の質問に答える菅官房長官=3日午後、首相官邸

 ロシアのショイグ国防相が北方領土の択捉、国後両島で軍関連施設を建設していると発言したことに対し、日本政府内からは懸念の声が相次いだ。ただ、改善基調にある日露関係に水を差したくないとの思惑もにじむ。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は3日の記者会見で、「ロシア側の動向には、わが国として常に注視している」とした上で、「北方四島は紛れもなくわが国の領土なので、外交ルートを通じ、さまざまなことを申し入れるなど、しっかりやっていきたい」と述べた。ただ、ロシア側に具体的に懸念を伝えたかとの質問には「コメントを控えたい」と述べるにとどめた。

 外務省幹部は「北方領土について誰かが何か言ったからといって、ただすことはしない。それは北方領土がロシア領だという前提に立つことになるからだ」と説明。「適切に対応するが、具体的にどうこうすることはない」と抑制的な対応に努めるべきだとの考えを示した。

 安倍晋三首相とプーチン露大統領は11月の首脳会談で、対話の継続と「最も適切な時期」のプーチン氏来日を確認したばかり。政府が表立った批判を控える背景には、こうした対話路線に悪影響を与えたくないとの思いもにじむ。

「ニュース」のランキング