産経ニュース

【維新の党代表選】松野、小野両氏街頭演説も反応今ひとつ 「知っている人は橋下さんだけ」の声も…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【維新の党代表選】
松野、小野両氏街頭演説も反応今ひとつ 「知っている人は橋下さんだけ」の声も…

維新の党の代表選に立候補した松野頼久代表と小野次郎総務会長が街頭演説会に臨んだが、足を止める人は少なかった=28日午後、JR新宿駅東南口(内藤慎二撮影)

 維新の党の代表選に立候補した松野頼久代表と小野次郎総務会長が28日、買い物客でにぎわうJR新宿駅前で街頭演説会を行った。両氏は野党再編の必要性などを精力的に訴えたが、「拍手が少なく、手応えがなかった」(党関係者)と反応は今ひとつ。記者が現場で「維新の党で知っている人は?」と尋ねてみたところ、すでに離党した橋下徹大阪市長の名前を挙げる若者も…。党代表選は党をPRする絶好の機会だが、この日の街頭演説会は逆に、同党がほとんど認知されていないことを浮き彫りにする結果となった。(内藤慎二)

 演説会で小野氏は「維新の党はこれまで掲げた政策を一つも下ろすことはない。民主党にはしっかりと政権担当時に期待を裏切ったことの総括をしてもらって、安倍自民党政権に取って代わるだけの強い野党勢力の結集を図らなければならない」と訴えた。

 松野氏はたもとを分かった橋下氏ら“大阪系”との分裂交渉に関して「再選されたら直ちに大阪との問題は円満に決着する」と強調。同時に「もう一つの大きな塊の政党を作っていきたい」と述べ、小野氏と同じく野党再編の実現に意欲を示した。

 約1時間の演説会で足を止めて耳を傾けていたのは100人ほど。共産党機関紙「赤旗」を手にし、小沢一郎衆院議員らが所属していた「生活の党」と書かれた上着を着用していたグループの姿もあった。

「ニュース」のランキング