産経ニュース

【自民党60年 立党の精神は今(上)】悲願の改憲、突破口手探り

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党60年 立党の精神は今(上)】
悲願の改憲、突破口手探り

昭和30年11月15日に都内で開かれた自由民主党の結成大会(「自由民主党二十年の歩み」から複写)

首相「だれもが欠陥と思うところから」

 「憲法改正の進め方は2つある。一つは、憲法改正の時期が今すぐには来ないことを前提に、イデオロギー的な対立がどこにあるのかをあぶり出していくやり方。もう一つは、日本に改憲の経験がないことを考えて、誰がみても欠点だと思うところから手を付けるやり方。どちらを望まれるか」

 10月7日の第3次安倍晋三改造内閣発足から数日後。自民党の憲法改正推進本部長人事をめぐり、首相官邸で安倍と向き合った自民党幹事長の谷垣禎一は、おもむろに切り出した。

 谷垣が「私は後者がいいと思うが…」と付け加えると、安倍は「私も谷垣さんと同じだ。初めての国民投票で否決されたら、改憲は当分できない。だれもが欠陥や欠点と思うところから始めざるを得ない」と応じた。

 「イデオロギー的な対立」とは、戦争放棄と戦力の不保持を定めた9条をめぐる論争だ。自衛権や自衛隊の存在が「違憲」との解釈も成り立つ現行条文の改正は急務といえるが、野党を中心に反発が根強い。

 「9条改正」を心に秘める安倍が谷垣に同調したことは、初めての憲法改正に向け現実的な一歩を踏み出すことを決意したことを意味する。

×  ×  × 

 昭和30年、旧日本民主、自由党の「保守合同」で誕生した自民党は、党の基本姿勢である「綱領」に「自主独立の完成」を掲げた。政策の基本方針を示す「政綱」には「現行憲法の自主的改正」を明記し、以後、「自主憲法制定が自民党の党是」といわれるようになる。いわば憲法改正は自民党の「一丁目一番地」だ。

「ニュース」のランキング