産経ニュース

【正論】仮に欧州大陸に13億人が住み、スターリンの下でロシア語を喋るならば英国はいかなる脅威を感じるか? 宮家邦彦

ニュース 政治

記事詳細

更新

【正論】
仮に欧州大陸に13億人が住み、スターリンの下でロシア語を喋るならば英国はいかなる脅威を感じるか? 宮家邦彦

 本稿はロンドン発夜行便の中で書いている。米国・欧州関係の専門家が集まる国際会議に招かれたのだ。会議の議題は「アジア情勢と米欧関係」だったが、同時期ソウルで開かれた日中韓など一連の首脳会談に関する議論はほとんどなかった。改めて欧米と北東アジア間の温度差を痛感する。

 ≪日韓関係停滞の原因≫

 便利なもので、会議中でも日中韓首脳会談等の情報はネットを通じリアルタイムで手に入る。今回の日韓首脳会談実現に尽力された日韓の関係者には敬意を表するが、会談結果について日本国内主要紙の論調は相変わらず割れた。

 多くの社説は「立場は堅持しつつも、人道的な見地から互いに納得できる形で、最終的な決着をめざして妥協策を模索」すべし、「安倍首相は思い切って一歩踏み出す」べしなどと、奇麗ごとでお茶を濁していた。

 中には「国の威信をぶつけ合うのではなく、被害者らの気持ちをいかに癒やせるのかを最優先に考える必要がある」などと、主権国家とNGOを混同するがごとき論調すらあった。

「ニュース」のランキング