産経ニュース

【日中韓首脳会談】安倍首相「特定の過去ばかり焦点に…」 李首相「協力は歴史問題など善処した上に成立」 歴史認識で応酬

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日中韓首脳会談】
安倍首相「特定の過去ばかり焦点に…」 李首相「協力は歴史問題など善処した上に成立」 歴史認識で応酬

3カ国首脳会談を前に、握手を交わす(左から)安倍首相、韓国の朴槿恵大統領、中国の李克強首相=平成27年11月1日、ソウルの青瓦台(共同) 3カ国首脳会談を前に、握手を交わす(左から)安倍首相、韓国の朴槿恵大統領、中国の李克強首相=平成27年11月1日、ソウルの青瓦台(共同)

 【ソウル=峯匡孝】安倍晋三首相は1日、韓国の朴槿恵大統領、中国の李克強首相とソウルの大統領府(青瓦台)で会談した。3カ国の首脳会談は2012年5月以来、約3年半ぶり。会談では、首脳会合の定例化と来年の日本開催で一致したが、歴史認識をめぐって日本と中韓が応酬を繰り広げる場面もあり、3カ国の深い溝が浮き彫りとなった。

 会談の冒頭、李氏は「協力は歴史など敏感な問題に善処する上に成り立つ。こんなに近い国であっても、一部の国はいまだに深い理解が成り立っていない」と名指しを避けながらも日本を批判した。これに対し、安倍首相は「特定の過去ばかり焦点を当てる姿勢は生産的ではない」と反論。その上で「日韓、日中には協力と発展の歴史がある。日中韓協力の前向きな歴史をさらに紡ぎたい」と未来志向の必要性を強調した。

 3首脳は会談の成果を盛り込んだ共同宣言を発表。共同宣言は「歴史を直視し、未来に向かう精神の下、関連する諸課題に適切に対処」することで一致したと明記し、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉を加速することも確認した。

「ニュース」のランキング