産経ニュース

沖縄にUSJ 外国人観光客誘致に港整備支援 普天間移転で理解促進

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄にUSJ 外国人観光客誘致に港整備支援 普天間移転で理解促進

 政府が新たな米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の有力候補地である沖縄県本部町に自治体と協力し外国人観光客の入国拠点となる大型港湾施設の整備を検討していることが23日、分かった。政府はUSJ誘致やインフラ整備を支援し、県南部に集まる観光需要を北部にも波及させ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古など北部の経済活性化を下支えする。

 政府が県や同町と検討しているのは、県北部地域の主要港となっている本部港の拡張工事で、岸壁の長さを現在の約220メートルから約340メートルに延伸する。

 同工事で受け入れ可能な客船の総トン数は、最大2万トン級から、2千人近い乗客が乗船可能な同7万トン級へと3倍以上に増強される。入国審査や土産売り場などの施設整備も検討する。

 アジアなどからの観光客は那覇空港や南部の港に集中。国内フェリーで手狭になっている本部港を拡張することで、観光マネーの南北格差を緩和する戦略だ。

「ニュース」のランキング