産経ニュース

【維新分裂】「中間派」離反相次ぐ 新党組は24日臨時党大会で新代表選出、解党議決へ 橋下氏は「引退」後も弁護士で関与「バンバン訴える」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【維新分裂】
「中間派」離反相次ぐ 新党組は24日臨時党大会で新代表選出、解党議決へ 橋下氏は「引退」後も弁護士で関与「バンバン訴える」

橋下徹大阪市長が結成する新党に参加する意向を表明する下地元郵政民営化相(左)と儀間光男参院議員=23日午後、沖縄県浦添市

 分裂状態に陥っている維新の党で23日、またも「中間派」の離反が相次いだ。下地幹郎元郵政民営化担当相と儀間光男参院議員は沖縄県浦添市で記者会見し、橋下徹大阪市長の新党に参加する意向を表明。吉田豊史衆院議員は離党届を出し、無所属で活動する考えを示した。

 新党に参加する国会議員と地方議員らは24日、党規約に基づき、大阪市内で維新の党の「臨時党大会」を開催する。「執行部は不在」と主張しており、同大会で馬場伸幸衆院議員を新代表に選出した上で解党を議決する。維新の党の政党交付金は国庫に返納し、31日に新党「おおさか維新の会」を結成する予定だ。

 一方、松野頼久代表ら残留組は23日、代表選挙管理委員会の初会合を開き、11月末に代表選を実施する方針を確認した。「臨時党大会」は無効としており、新党組が総務省に解党届を出す動きなどがあれば、法的手段に訴える方針だ。

 これに対し、橋下氏は23日、市役所で記者団に、12月18日の市長任期満了後に弁護士として新党に関与していく考えを表明。正当性を争う法廷闘争を見据え「バンバン刑事告訴していく」と意欲を示した。

「ニュース」のランキング