産経ニュース

【世界記憶遺産】南京登録は日本外交の“敗北” 松浦前ユネスコ事務局長「部分的に取り消す手順ある」 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【世界記憶遺産】
南京登録は日本外交の“敗北” 松浦前ユネスコ事務局長「部分的に取り消す手順ある」 

松浦晃一郎・前ユネスコ事務局長(日仏会館理事長)インタビュー (野村成次撮影)

 【記憶遺産事業の制度改革】

 「南京大虐殺文書」のように(中国が)政治的狙いを持ち、日中の意見が平行線をたどっている中で、片方の国が相手国と相談しないで申請してくることは想定していないし、それを公正に吟味するメカニズムがない。58カ国の執行委員会の決議で3分の2の賛成を得てルールを変え、(登録に)透明性を持たせるシステムを作らないといけない。そのためには同志を募らないといけない。

 【ユネスコ分担金】

 憤慨しているという日本の気持ちを菅義偉官房長官が表明する意味では良かったが、分担金を止めるのはユネスコの事務局いじめ。脅かし外交は国際社会で反発を招き、かえって同志を募れず制度改革できない。そうしたら中国や韓国は堂々と今の制度で2年後に慰安婦を登録してくる。

「ニュース」のランキング