産経ニュース

維新執行部、党大会規則を改正 「新党組」に対抗

ニュース 政治

記事詳細

更新


維新執行部、党大会規則を改正 「新党組」に対抗

 維新の党は13日の執行役員会で、党大会規則を改正した。党規約の趣旨にあわせ、臨時党大会についても「執行役員会が承認したときに代表が開催できる」と改めた。臨時党大会は、橋下徹大阪市長が24日に結成する新党「おおさか維新の会」に参加する議員が開催を求めている。残留組は、臨時党大会の開催で分裂交渉を有利に進めることも視野に入れる大阪系の機先を制した形となった。

 改正前の規則は「過半数の構成員が代表に開催を要求したときも開催できる」としており、新党への合流を予定している大阪系は水面下で署名活動を始めていた。これに対し、松野頼久代表ら執行部は規則の改正で対抗し、「執行役員会の承認」が必要と明示した。大阪系は13日の執行役員会を欠席した。

 今井雅人幹事長は役員会後の記者会見で「何かを変更したということではなく、規約にある当たり前のことを文章に書いただけだ」と説明したが、党幹部は「自己防衛だ」と述べ、大阪系への対策であることを認めた。

「ニュース」のランキング