産経ニュース

連合「民主と心中する気ない」の声 悩める新執行部、野党結集見守るが…支持率低迷を不安視

ニュース 政治

記事詳細

更新


連合「民主と心中する気ない」の声 悩める新執行部、野党結集見守るが…支持率低迷を不安視

連合第14回定期大会後にレセプションが行われ、あいさつする神津里季生会長=7日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 民主党最大の支持団体、連合は、7代目会長に就任した神津里季生氏率いる新執行部体制が始動した。来夏の参院選をにらみ、神津氏は「1強多弱」の打破に向けて「民主党を中心とした受け皿が大事」と野党結集を訴える。だが、民主党の政党支持率は低空飛行、浮揚のきっかけさえ見当たらない。民主中心の結集も野合批判を浴びれば、労働政策の実現は遠のいてしまうだけに、立ち位置に苦悩する局面もありそうだ。

 「会長任期の2年、一筋縄ではいかない2年と覚悟している」。7日の新執行部発足のレセプション。神津氏は民主党の岡田克也代表らを前に、多難な船出になるとの認識を示し、こう続けた。「民主党が中心となって国民の声を受け止める形をつくってほしい。連合もしっかり協力したい」

 連合は来夏の参院選に現行制度下で最多となる12人の組織内候補を民主党公認候補として擁立する。そして、「1強多弱」打破に向け、民主中心の野党結集に望みを託す。

「ニュース」のランキング