産経ニュース

【世界記憶遺産】ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府

ニュース 政治

記事詳細

更新

【世界記憶遺産】
ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府

犠牲者30万人という数を記した南京大虐殺記念館の壁=5日、中国江蘇省南京市(共同)

 中国の登録申請を受け、“防戦”に回った日本も傍観していたわけではなかった。「審査を行う国際諮問委員会メンバーに対し、ユネスコ加盟国は働きかけられない」(日本外務省筋)ことから政府はその動きをつまびらかにしていない。しかし、「政府は関係する分野の専門家などと協力し、委員側に日本の主張を伝えてきた」(与党議員)という。民間団体もパリのユネスコ事務局を訪問し、英文の反論文を提出している。

 記憶遺産は、人類にとって歴史的価値のある貴重な文書の保護などを目的とする。中国が日本を貶(おとし)めるために利用する「南京大虐殺文書」の登録が本来の目的にそぐわないことは明らかだ。政府関係者は「今回の申請も受理も理解できない」と述べ、記憶遺産事業の見直しもユネスコに働きかけるべきだと強調した。

このニュースの写真

  • ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
  • ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
  • ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
  • ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
  • ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府

「ニュース」のランキング